無資格から始める!介護職のキャリアアップ

介護の仕事に就こうと考えた時に、「自分は無資格・未経験だから無理だ」と諦める必要はありません。確かに介護関連の資格は、採用や待遇面で有利になりますし、訪問介護の様な仕事は特定の資格がなければ行うことができません。しかし何よりも重要なのは、様々な状況で臨機応変に対応するためのスキルであり、それは経験を通して鍛えられるものなのです。資格を持っている新人と、経験豊富な無資格者のどちらが現場で活躍するかはいうまでもありません。先ずは思い切って介護業界に飛び込み、無資格でも仕事をこなしていくことで徐々にキャリアアップを目指していきましょう。

しかし「介護の仕事は全くの未経験だから、続けられるか不安だ」と感じるのであれば、派遣から始めるがおすすめです。介護の仕事と一口にいっても、その施設や規模によって業務内容は幅広く、採用された職場で自分の求める経験が得られるかは分かりません。その点、派遣であれば柔軟に職場を選ぶ事が可能ですし、資格取得を支援する制度を提供している派遣会社もあり、働きながら資格を目指すために最適です。さらに紹介予定派遣を活用することで、職場の状況や自分自身の仕事への適性を見極めながら、正社員登用を目指すこともできます。

この様に、無資格・未経験から介護業界に入ったとしても、仕事経験を積み、介護職員初任者研修から始めて、上位資格である介護福祉士まで計画的に取得を進める事は可能です。実務を通して培ったスキルに、資格取得による知識や技術を合わせることで、非常に有効なキャリアアップが図れるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です